汚いケツを返上!ANRIがストリップデビュー

【新着情報】

まさかの展開!坂口杏里がストリップデビューをボイコット

芸能界からAV界、そしてキャバ嬢として順当にピンクの世界に進んでいたANRI(坂口杏里)、次はあの有名な浅草ロック座にてストリッパーとしてデビューするということで、新たな展開に注目が集まっていました。

しかしながら、なんと!坂口杏里のボイコットにより日程まで決まっていた公演をなんと降板、なんでこんなことになったんでしょうか?

ANRIこと坂口杏里が浅草ロック座のストリップデビューをボイコット

坂口杏里のストリップ降板が波紋「もう後がない」と心配の声
「ドタキャンドタキャンって ドタキャンされたのはこっちなんだけどね。時間、労力全部返してほしい。枯れるほど泣いたわ」

Instagramに6月15日、こう投稿したのは坂口杏里ことANRI(27)だ。ANRIは16日からストリップ公演をする予定だったが、直前に会場である浅草ロック座が“降板”を発表。その理由について「諸事情により出演を見送る事になりました」としている。

しかしANRIは、上記のようにコメント。さらに「練習風景をムービーで撮って、じゃあこれ撮ったからあとは家で練習?」「ストリップ以前に踊ることも初心者の人間に色々無茶言わないで欲しい」と練習指導についての不満を述べ、こう続ける。

「こっちはプロじゃないし、きっちりちゃんと教えて、練習もできるまでやってほしかった。たかが5.6回の練習でやりきれってゆう方がどーかしてるわ。踊り子のプロと一緒にしないでください」

ネットではANRIの啖呵の切り方に、戸惑いの声が上がっている。

《先ず自分が「プロじゃない」「初心者」という認識でステージに上がろうとしているのがそもそも違うんじゃないかな》
《誰か隣にいてあげてほしい。話を聞いたり、学び方を教えてあげたり。何より、1人で解決することが難しいと、本人も気づくべきだと思う》

ANRIは08年、モーニング娘。に憧れて芸能界入り。母・坂口良子さん(享年57)とともに2世タレントとして活躍した。しかし坂口さんの死後、一変。16年10月に改名し、アダルトビデオ女優としてデビューした。

昨年9月に「タレント」としての引退を発表し、都内のキャバクラで勤務を開始。しかし今年の5月中旬には、神戸の派遣型風俗店で「勤務している」との報道が。いっぽうでセクシー女優としてのチャット企画やVR作品への出演もあり、「引退したのでは?」と話題になった矢先の“ストリップ公演”だった。

過去には覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕された小向美奈子(33)も、復帰の舞台として選んだロック座。ANRIは13日に公開されたインタビューでこう語っている。

「3月下旬、浅草ロック座のステージを観る機会があったんです。想像していたストリップとは全く違う世界でした。華やかで、きれいで、すごい!と。素直に感動したんです」

舞台やダンスの経験もあるANRIだが、公演について「不安」と吐露。しかしレッスンをつけてもらったことで「楽しいなと感じた」と心境の変化を明かしている。深夜から朝方までレッスンを受けているとし、こう意気込んでいた。

「ただ、ホント今一生懸命やっているので、だから皆さんにロック座に見にきてほしいんです」

インタビュー記事内で担当ライター・永瀬白虎は「どんな質問にも背筋を伸ばし、少し緊張した面持ちで真摯に答えてくれた。だが、言葉足らずになったり、寡黙になったりすることも」とし、“被取材者としては損をするタイプ”であるANRIを慮っていた。

永瀬は今回の降板について16日、こう嘆息している。

「下手でもいい、恥をかくのも経験。ステージで磨かれていくコも多い。それにロック座は懐が深い。どんな過去があるコでも受け入れてきた度量も歴史もある。ここで頑張れなかったら、もう後は無いが……」

女性自身 2018/6/17 21:34

なんでこうなったのか、まあ、お互いにいろいろと言い分はあるんでしょうけれど。

ANRIはインスタで次のようにコメントしています。

坂口杏里がロック座降板をインスタで暴露

anri6450ドタキャンドタキャンって
ドタキャンされたのはこっちなんだけどね。時間、労力全部返してほしい。
枯れるほど泣いたわ
練習風景をムービーで撮って、じゃあこれ撮ったからあとは家で練習?
ストリップ以前に踊ることも初心者の人間に色々無茶言わないで欲しい。
ムービー撮ったから、はいお家で練習って投げられても。
家はスタジオじゃないし。
こっちはプロじゃないし、きっちりちゃんと教えて、練習もできるまでやってほしかった。たかが5.6回の練習でやりきれってゆう方がどーかしてるわ。
踊り子のプロと一緒にしないでください。

anri6450

もともとお騒がせ娘として有名だった坂口杏里ですが、まだまだ話題を振りまいてくれそうです。

でも、これだけ話題になるって、やっぱり腐っても芸能人なんですよね。

--

--

AVデビューで「汚ケツ」と酷評され、それでも気合で9作品もの遺作を残したANRIこと坂口杏里。

AV譲として頂点を目指すと気合十分だったのですが、突如の引退宣言があり、その後はキャバ嬢として夜の世界へ登場。もともとは芸能人ですから、それなりに活躍をしているような気配があったのですが、相変わらずホスト狂いとの報道も続いていました。

その後は消息が途絶え・・・

そして、ここにきて「ストリップデビュー」が発表されました。

坂口杏里(ANRI)が浅草ロック座でストリップデビュー

2018年6月に坂口杏里がストリップデビュー

坂口杏里(ANRI)がストリップ嬢としてデビューするのは老舗の浅草ロック座。

2018年6月の公演に登場とすると浅草ロック座のホームページで発表されています。

報道は、東スポによってされました。

東スポ

坂口杏里ストリップ進出 東京・浅草ロック座で6月デビュー
2018年04月28日 16時30分

消息が途絶えていたタレント・坂口杏里(セクシー女優・ANRI=27)が、ストリップ劇場最大手の東京・浅草ロック座でストリップデビューを飾ることが明らかになった。近年の坂口はセクシー女優として活動をしていたが、昨年9月に芸能界から引退。その後の動向が不明だった中、再びアダルト界に“降臨”する格好だ。お騒がせ2世タレントは、このまま“ストリッパー・坂口杏里”に転身するのか――。

名優だった故坂口良子さん(2013年死去)を母に持つ2世タレントが、今度はステージで脱ぐことになった。

1947年に創立されたストリップの殿堂・浅草ロック座は、坂口がアダルト女優時代と同じ「ANRI」名で6月16~30日の公演に出演することを発表。ロック座関係者は本紙に「3月上旬に坂口さんが関係者と公演を見に来て『やります』と申し出た」と説明した。

天真らんまんな坂口は激情家の一面も持ち合わせているが、ストリップ挑戦を申し出た時には落ち着いていたという。

「5月から、まずはダンスの基礎レッスンから始める」(前出関係者)

まさに波瀾万丈の人生を歩んでいる。かつてはおバカタレントで人気だったが、2016年3月に当時の所属事務所とのマネジメント契約を終了。半年の潜伏期間を経て同10月に「ANRI」を名乗ってセクシー女優に転身し、鮮烈なデビューを飾った。

しかも、その作品のタイトルは「芸能人ANRI What a day!!」で、元カレの「バイきんぐ」小峠英二(41)のギャグ「なんて日だ!」をパロったものだった。アダルト挑戦の経緯は、ホスト通いで散財して金欠に陥ったなどと報じられた。

しかし、昨年4月、ホストから3万円を脅し取ろうとして恐喝未遂容疑で逮捕される。釈放された後は、東京・六本木の高級キャバクラ店に勤務していると8月に伝えられた。

かと思えば、翌9月にインスタグラムで「実は、私ANRI芸能界引退しました」と表舞台から退いたことを突如表明した。

「色々ありましたが普通の女の子に戻りたくて決めた答えです」「もうやりきりました。未練はありません」などと記した。そのうえで「私は今、キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます」(すべて原文ママ)とつづっていた。その後の動向は不明だった。

タレント→セクシー女優→キャバクラ嬢と実にピンク色の濃い華麗な“職歴”。

芸能界引退を挟んだ上で今度はストリップ嬢に挑戦するのか。前出のロック座関係者によると、今回はロック座のストリップ嬢の一員に正式加入するのではなく「単発のゲスト出演の形」を取るという。

7月以降の出演については「ご本人の意向次第」(同)。“ストリッパー・坂口杏里”で稼働するかは6月公演の手応えなどを見て判断する。

とはいえ、アダルト時代はデビュー作の1本限りで「や~めた!」ではなく、計8本をリリースしただけに、今回も出演し続けてストリップ嬢に転身する可能性はある。こういった活動遍歴は、あの小向美奈子(32)のそれをほうふつとさせる。

ちなみにロック座の発表では、スリーサイズはT168・B80・W59・H88で、これはアダルトデビュー時と変わらない。ぽっちゃりすることなく極上のスレンダーボディーを維持してステージで舞い、踊れるか――。

AV嬢→キャバ嬢→ストリップ嬢→・・・という流れで、今後は大衆的な「風俗嬢」として降臨しそうなANRI。

いずれは我々もプレイできるところまで降りてきそうですね。


2018年6月3日【追加】

ANRI自身がストリップでの活動についてコメントを出しました。

坂口杏里(ANRI)ストリップへ転身

坂口杏里=ANRIストリップ挑戦の極秘練習現場に潜入
元タレントでセクシー女優だったANRI(坂口杏里=27)が、本紙既報通り東京・台東区の浅草ロック座の公演(6月16~30日)で、ストリップデビューを果たす。都内のスタジオで極秘レッスンを受ける“新人踊り子”ANRIを本紙はキャッチ。ストリップ挑戦の真意を直撃した。

女優坂口良子さん(享年57)を母に持つANRIは、タレントや女優として活躍後、2016年にアダルトデビュー。翌17年9月には、インスタグラムで「芸能界引退しました」「今、キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです」などと表明し、アダルト界からは事実上引退に。その後の消息は不明だった。

動きがあったのは今年4月。創立71年を誇るストリップの殿堂・浅草ロック座の公演でストリップに挑戦することが明らかになった。ANRI本人も5月17日、インスタグラムで「浅草ロック座にてストリップします」と宣言した。

本紙はこのほど、都内のスタジオで極秘レッスンをしているとの情報を得てANRIをキャッチした。かつては激ヤセを報じられた時期もあったが、T168・B80・W59・H88の公称サイズより若干ふっくら。「ストリップのレッスンはハードで、やせる踊り子が多い」(関係者)ため、稽古を重ねて絞っていくと思われる。

レッスンではステップがたどたどしかったり、本番の演目で使うイスに美尻をぶつけたりと初々しさをのぞかせた。

昨年9月の“芸能界引退表明”後、メディアの取材を受けるのは初。ANRIは「(レッスンの)先生が『覚えが早い』とおっしゃってくれた。うれしかった」と白い歯を見せた。

ストリップデビューのきっかけについては「単純にダンスが好きだから」と説明。「(昨年9月に)芸能界をやめて、フリーになってから、これが1発目のお仕事」だといい「ロック座で踊るという素晴らしい機会をいただいた。この私でいいのかなと思ったけど、ありがたく受けた。セクシーに、なおかつかわいらしくやれれば」とほほ笑んだ。

芸能活動していたころを含めてダンスの仕事の経験は「今までなかった」と首を横に振るが「高校のときに創作ダンスの部活をしていた。憧れは『モーニング娘。』さんで、あのダンスを覚えるのが好きだった」と力説した。

16年にアダルト女優に転身したのは金欠だったためと一部で報道された。今回のストリップデビューは「お金とかそういう問題じゃない」とキッパリ言い切り「ただただ単純にダンスが好き」と純粋な思いをここでも口にした。いまはキャバクラには勤めていないという。

今後の活動については「(所属の)お話はいただいたけど事務所には入らない。誰かに縛られたりしないで、自分でやっていく。ストレスも負担もかからない」とフリーで展開していくつもりだ。

目の肥えたロック座のファンに認められて、このままストリッパーに本格転身するか、はたまた別の道を歩むか、目が離せない。

2018年06月02日 10時50分 東スポWeb

まだまだ世間を騒がさせてくれそうです。

2018-04-29 | Posted in ニュースComments Closed 

関連記事